スクロールダウンしてご覧ください。

モエ・エ・シャンドンを代表するシャンパン「モエ アンペリアル」の「アンペリアル(皇帝)」は、ナポレオンⅠ世の生誕100周年を記念し、1869年に誕生しました。
フランス史に残る英雄は、戦いの前にモエ家を訪れ、黄金色に輝くシャンパンで勝利を誓ったといわれています。
政治、芸術、スポーツ、あらゆる分野における成功を祝福したい。その想いは、いつの時代も変わりません。これまで、船の進水式やモーターレースのシャンパンファイト、テニス大会から映画祭の授賞式に至るまで、輝かしい成功を収めた人々が称えられる瞬間に立ち会い、賛辞を贈ってきました。
モエ・エ・シャンドンは、これからも喜びの瞬間、祝福の場面を演出する存在であり続けたいと願っています。

モエ・エ・シャンドンのシャンパンは、フルーティでフレッシュ、芳醇な風味としなやかな口当たり、きめ細やかな泡を持つ味わいが特長です。
その味わいを愛した人々も、類稀な魅力に溢れています。モエ・エ・シャンドンは、歴史上の偉人から今をときめくハリウッドスター、スポーツ選手まで、多くのセレブリティが集う祝福の場面に立ち会ってきました。ゴールデングローブ賞やベネチア国際映画祭などの映画祭や、全米オープンテニスの授賞式など、世界中の注目を集める晴れの舞台を、華やかに演出しています。

シャンパーニュ地方最大の所有面積を誇る広大なブドウ畑は、毎年異なる厳しい気象条件においても、多くの選択肢を与え、モエ・エ・シャンドンの高い品質を安定して保つことを可能にしています。さらに、全長28kmのセラーや、セラーに眠る19世紀に遡るヴィンテージ コレクションもまた、モエ・エ・シャンドンの壮大な資産なのです。
モエ・エ・シャンドンが、喜びや祝福を表現する際には、壮大で大胆な方法がとられます。
1993年、モエ・エ・シャンドンは、ヴェルサイユにて、シャンパン・コルクの形をした見事な熱気球「スピリット・オブ・1743」を世界一周へと旅立たせることで創業250周年を祝福し、また、2006年には、ニューヨークの象徴であり、フランスとアメリカの友好のシンボルでもある自由の女神をライトアップし、自由の女神の120周年を祝いました。
フランス史に残るナポレオンⅠ世の時代から現在に至るまで、盛大なディナーや何段にも積み上げられたシャンパンタワーは、シャンパンの喜びを世界中の人々に届けたいという変わらぬ願いで、喜びと祝福の瞬間を演出し続けています。

モエ・エ・シャンドンは、長い歴史の中で、「寛容な分かち合いの精神」と「社会に対する責任」を大切にしてきました。
環境保全や自然保護、持続可能なシャンパン作りを可能にする研究開発を行い、それによって得られた知識や技術を、シャンパーニュ地方全体で分かち合う取り組みを続けています。
さらには、19世紀にジャン・レミー・モエによって考案された、セレブリティが国際映画祭などを記念してサインをしたラージサイズボトルや、希少性の高い商品をチャリティーオークションにかけ、そこで得られた収益を慈善団体へ寄付する取り組みも「分かち合いの精神」の表れです。
シャンパンの魔法を多くの人と分かち合い、忘れられない体験を届けることこそが、モエ・エ・シャンドンの使命なのです。