RECIPE

モエ・エ・シャンドンの高い品質と豊かな泡立ち、美しく芳醇な味わいは、
お料理とのマリアージュによって、より豊かなガストロノミーの世界へと導かれます。
季節の食材を用いて、ご家庭で手軽にお作りいただけるマリアージュレシピをご紹介いたします。

甘エビとアボカドのカクテルサラダ

2014 WINTER Vol.2 MOËT IMPÉRIAL
骨付きチキンのはちみつマスタード焼き
パセリバターソース

シャンパンにとても相性の良いはちみつマスタードの味付けをした骨付きチキンに、フレンチの定番ソースの「パセリバターソース」と「ブールブラン」を合わせた組み合わせは、モエ アンペリアルが持つ様々な要素と呼応し、ぴったり寄り添ってくれます。

松見早枝子
FOOD PAIRING AMBASSADOR
松見早枝子
骨付きチキンのはちみつマスタード焼き パセリバターソース

INGREDIENTS

2人分

  • ・骨付き鶏もも肉2本
  • ・塩こしょう各少々
  • ・玉ねぎ1/4個
  • ・にんにく1かけ
  • ・マッシュルーム4個
  • ・オリーブオイル大さじ1
  • ・パセリ(みじん切り)大さじ1

(A)

  • ・水100ml
  • ・チキンスープの素小さじ1
  • ・白ワイン大さじ1

(B)

  • ・白ワインビネガー大さじ1
  • ・無塩バター15g

(ハニーマスタード)

  • ・粒マスタード小さじ2
  • ・はちみつ小さじ1
  • ・無塩バター5g
骨付きチキンのはちみつマスタード焼き パセリバターソース

DIRECTIONS

  1. ①骨付き鶏もも肉は皮面に竹串などでところどころ穴を開け、塩こしょうしておく。(ハニーマスタード)を用意する。無塩バターは常温に戻してやわらかくしてから、他の材料とよく混ぜ合わせておく。
  2. ②玉ねぎとにんにくはみじん切りに、マッシュルームは厚さ2ミリにスライスする。鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて中火にかけ、香りが出たら玉ねぎを加えて炒める。しんなりしたらマッシュルームも加えてさっと炒め合わせ、(A)を加える。煮立ったら、①の鶏もも肉の皮面を上にして入れ蓋をし、8分ほど蒸し煮する。その間、魚焼きグリルを温めておく。
  3. ③鍋から鶏もも肉だけ取り出して(ハニーマスタード)を皮面全体に塗り広げたら、魚焼きグリルにアルミホイルを敷いてその上にのせ、中火で2分ほどこんがり焼く。
  4. ④ ②の鍋に残ったスープを強火で煮詰め、かき混ぜて鍋底が見える程度になったら(B)を加えてひと煮立ちさせ、パセリを加えてソースにする。それを皿に盛り付けした鶏もも肉の上からかける。