MOËT LOVERS

MOËT LOVERS Vol.2
YASUMICHI MORITA INTERVIEW

SEPTEMBER, 2015

モエ・エ・シャンドンは人生の相棒

ーはじめてのシャンパンとの出会いを聞かせてください

10代の頃は洋服が好きで、一時期はファッションのデザインの勉強をしていたんです。当時「お給料を貯めて好きな洋服を買って、少し背伸びした場所に遊びに行く!」というのは夢でもあり、絶対に実現させようと思っていました。ようやくお酒が飲める年齢になった頃、やっと、そんな憧れの場所にドレスアップして出かけることができるようになりました。そこで先輩の方々がポンポンと開けている飲み物があったんです。「あれはなんだろうか?」と思って、気がついたら僕も一緒に飲むようになっていて。とにかく気分がハッピーになって、気持ちが盛り上がって、飲んでいる人がみんな笑顔になって、笑いが絶えない魔法の飲み物…それがシャンパンとの出会いです。あのインパクトは本当に忘れられません。

ロックオンしたのは
デザインに惹かれるものがあったから

ー多くのシャンパンの中からモエ・エ・シャンドンを意識したきっかけは

飲んでいて、ふとデザインに惹かれたときがあったんです。コルクを押さえているゴールドの王冠とボトルのネックを包み込むブラックタイという、凛としたたたずまいと由緒正しき雰囲気に心を奪われました。「歴史的なシャンパンなんだな」とも感じましたね。モエ・エ・シャンドンの言葉の意味はその後で知ったんですが、“モエ家とシャンドン家が結婚して生まれたシャンパン”というストーリーや、ルイ15世時代のベルサイユ宮殿ではそのシャンパンで毎晩のように宴が催されていた話。ほかにも、ナポレオンがその当主と旧知の仲で、出征前には士気を高めるためにメゾンに立ち寄ってシャンパンを飲み干し、遠征にも必ずボトルを持参したというエピソードも趣がありますよね。

言わば「マグネットのような存在」
結婚式でも実感したその効果

ーモエ・エ・シャンドンにまつわる思い出を教えてください

よく「マグネットのような存在だな」と思うことがあります。「モエ、開けるよ」と言ったら、みんなが集まってくる(笑)。忙しいとか関係なく、たわいもない話をして、ほがらかになって、たとえ少しの時間しかなくても、充実した時を過ごせる。ちなみに、このマグネット効果の最たるものが、僕の結婚式だったようにも感じています。ナポレオンがはじめてモエ・エ・シャンドンを訪問した1806年からちょうど201年経った2007年、しかも日付も1日違いだという7月25日に、ブランドの故郷であるフランスのエペルネで挙式を行ったんですが、もちろん祝杯はモエ・エ・シャンドン。結婚式という特別な場でしたけど、おかげで本当にリラックスできたし、忘れられない思い出を作れたと思います。

いつかデザインしてみたいのは
シャンパンがあるライブラリー!

ー森田さんにとってモエ・エ・シャンドンとはどんな存在ですか

今、世界18か国で同時にビジネスを進めています。ジャンルは様々でミーティングの内容も多岐にわたるので、どこかで自分をフラットにする時間をもたないといけない。その時に必要なのがモエ・エ・シャンドンです。海外のホテルに籠って仕事をするときも、部屋にボトルを一本入れて飲みながらやると、気持ちをニュートラルにリセットできて、本を読んだり資料を整理したりで、あっという間に2〜3時間過ぎてしまう。これは僕にとって大事な時間で、シャンパンにしかできない芸当だと感じています。つまり、お祝いやかしこまった場だけでなく、飲みたいときに飲む。そういう意味で世界中を旅しても、ほぼどの国にもあるモエ・エ・シャンドンは手放せない存在ですね。いつかシャンパンがあるライブラリーをデザインしてみたいなとも思っています。

これは僕にとって大事な時間で、シャンパンにしかできない芸当だと感じています。つまり、お祝いやかしこまった場だけでなく、飲みたいときに飲む。そういう意味で世界中を旅しても、ほぼどの国にもあるモエ・エ・シャンドンは手放せない存在ですね。いつかシャンパンがあるライブラリーをデザインしてみたいなとも思っています。

  • PROFILE

    森田恭通 Yasumichi Morita

    GLAMOROUS co.,ltd.代表/デザイナー。1967 年大阪生まれ。2001 年の香港プロジェクトを皮切りに、ニューヨーク、ロンドン、カタール、パリなど海外へも活躍の場を広げ、インテリアに限らず、グラフィックやプロダクトといった幅広い創作活動を行なっている。2005年日本初シャンパーニュシュバリエ叙任式にてシュヴァリエを受章。2013 年婦人服・婦人雑貨フロアに引き続き 2015 年にはリビング、ベビー子供フロアの「伊勢丹新宿本店本館 再開発プロジェクト」が完成。2013 年自身初の物件集「GLAMOROUS PHILOSOPHY NO.1」がパルコ出版より発売。2015 年度フランス観光親善大使に就任。国内外のデザインアワードの受賞歴も多数。

    http://glamorous.co.jp/